忍者ブログ

ぼんやり日記

ぼんやりまったり適当に今夜の献立から簡単レシピ、気になった事、好きな事を好きなように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハマったらしいぞ

 最近、三津田信三氏を読んでいるのですが、たまたま読んだら、ハマったな、って感じがします。
 
 多分、三津田信三と言う作家名を意識したのは、三冊目くらいでした。
 最初の一冊は、刀城言耶シリーズでした。で、次に、なんとなく面白そう、と手に取ったのが、
 死相学探偵シリーズ。
 二冊目を読んだ時、あら、なんか前に読んだのと同じような文体だわ……。と、思いました。
 そこで初めて作家の名前を確認。ああ、同じ作者だ。と、言う感じで、今度は作者で本を買ってみました。
 それが、確か赫眼だったと思います。

 で、此処まで来て、ハマったのね、自分……。と思いました。

 基本的にあんまり作者に拘らないで読んでます(笑)。
 結果、気に入った作家になると、飽きるではその人の作品を読み続ける、と言う変な癖があります。
 ただし、途中で「あれ?」と思ったらすぐやめます(笑)。

 
 今のところ、以下を読みました。 

 死相学探偵シリーズ  ※ 僕にゃんがお気に入り

  十三の呪 ジュウサンノジュ
  四隅の魔 ヨスミノマ
  六蠱の軀 ムコノカラダ

 刀城言耶シリーズ
  
  厭魅の如き憑くもの マジモノノゴトキツクモノ
  首無の如き祟るもの クビナシノゴトキタタルモノ  ※現在はコレ読んでます

 他

  赫眼 アカマナコ

 三津田信三シリーズ 
 
  忌館  ホラー作家の棲む家 イカン  ホラーサッカノスムイエ 

 と、まだこんなモンですが、すでにタイトルが分からなくなっている辺り、
 刀城言耶シリーズは危険です。
 
 たまに本屋で見つけると買って読む、と言う程度なのでまだ先が長くて嬉しいのですが、
 最近の文庫はお値段が高い。

 一冊で900円近かったりするものも結構ありますね。
 電子書籍と言う現代のツールも良いのですが、
 私は紙を捲って読むドキドキ感は捨てがたいと思うのですよ。
 
 しかし、電子書籍って「置く場所」って観点からは非常に魅力的。


 ところで、角川書店さん、夢野久作の文庫は「ドグラ・マグラ 上下」「少女地獄」「瓶詰の地獄」「犬神博士」しか手に入らないのでしょうかねぇ。
 全集集める気はないんで……(笑)。

拍手

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア



広告

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
Suzaku
性別:
非公開
自己紹介:


最新トラックバック

バーコード

カウンター

忍者アド

Copyright ©  -- ぼんやり日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]