忍者ブログ

ぼんやり日記

ぼんやりまったり適当に今夜の献立から簡単レシピ、気になった事、好きな事を好きなように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホラー小説から自己啓発へ

 相も変わらず、ホラー小説が好きです

 とりあえず(?) 著・三津田信三「死相学探偵3 六蠱の軀」を読み終えました。
 死体のあり様と言うのか、結構嫌悪感を醸す感じになっていたり、題材は角川ホラー文庫ですが、
 探偵モノだけあって、推理の謎解きも面白い。

 その前に「赫眼」も読んでいたので、日常の中の恐怖としたら、こちらの方がホラー度高めかなと。
 しかも短編集なのでサクサク読めるお手軽さ。

 さて、次何読もうかなーっと思って、手に取ったのは
 「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」だったのですが、お財布の中から予算オーバーの声が聞こえ、あえなく今回は断念(笑)。
  NHKのハーバード白熱教室を見て、物凄く面白い講義だったので、これは是非読んでみたいと思っています。

 で、結局、予算の都合上、購入したのは
 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
 
です。

 あまり自己啓発の本を読むことはないのですが、ここいらでちょっと考え方を見直そうと言うか、自分の中に新しい価値観や考え方を取り入れてみたくなりました。
 ま、20歳なんて、とっくの昔に過ぎましたが、未だ着付けの教室では「振袖モデル」をやらされているので、きっと頭の中身は20歳になっていないに違いない! みたいな(笑)。

 十代のころから、自己啓発として読んでいたのは「哲学書」と呼ばれるものばかりで、ニーチェの「ツァラトゥストラ」とかは何回も読みましたねぇ(理解できなくて)。
 他にもいろいろ読んだけど、実はあんまり覚えていません(笑)。
 でも、大人になって、人を会話をするときに、若干「メンドクサイ思考だ」と言われる事があるので、たぶんそれらの影響を少なからず受けているのかも知れませんね(笑)。

 良書に出会うってのは、それだけ重大な事なのかも。
 過去にたった一度だけ、読んでいる途中で我慢できなくなって文字通り「投げ捨てた」本がありますが……。
 今なら読めるだろうか……。


 




拍手

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア



広告

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
Suzaku
性別:
非公開
自己紹介:


最新トラックバック

バーコード

カウンター

忍者アド

Copyright ©  -- ぼんやり日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]