忍者ブログ

ぼんやり日記

ぼんやりまったり適当に今夜の献立から簡単レシピ、気になった事、好きな事を好きなように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モロヘイヤで山かけもどき

えーと、まず「山かけ」ってのは基本、とろろ、をかけた料理の事を言います。

が、山芋とかね、なかったのよ。

で、マグロも冷凍庫にあったヤツなので、生では食いたくなかった訳ね。

と言うわけで、マグロの山かけもどき モロヘイヤバージョンなのです。

モロヘイヤを茹でて、細かく刻み、お好みの醤油をたらして良く混ぜます。
解凍した冷凍マグロのブツを一口大に切り分け、水で割ったつゆの素で煮ます。

軽く煮て火が通ったマグロを皿にとります。煮汁は使いません。
マグロの上に、モロヘイヤをたっぷりかけます。

以上です。


今夜の我が家のメインがこれです(笑)。

月曜日:ひやむぎ と サラダ + らっきょうの甘酢漬け
火曜日:ドライカレー と ジャガイモの冷製スープ + 生姜の甘酢漬け
水曜日:ちらし寿司 と 茄子のスープ + 胡瓜もみ
木曜日:ポトフ風キャベツスープ と キャベツのサラダ (この日、キャベツを1玉半使いました)
金曜日:マグロの山かけもどき と 野菜炒め + 大根の味噌汁 + らっきょうの甘酢漬け

 なんか久々に味噌汁作った気がしたけど、このせいじゃなかったらしい。

 キャベツを大量消費したのは、安かったからと言って、3玉も買い込んできた母の陰謀。
 1玉は近所にあげて、2玉でも冷蔵庫を占拠している状態で、ちょっと自棄になりました。

 ジャガイモの冷製スープ 簡単な作り方ってか、これしかやったことないんだけど……。
 けしてビシソワーズではないです。あっさりですから。

 材料:ジャガイモ大2~3個(4人分)
     ブイヨンでもコンソメでもお好きなスープを300cc
     牛乳 300cc
     玉ねぎ一個
     塩 コショウ

 ジャガイモと玉ねぎをスープで柔らかくなるまで煮ます。
 そのまま冷まし、ジューサーへ放り込み、混ぜます。
 なめらかさを追求したければこしてもいいかも。
 鍋に戻し、牛乳を入れながら、再び火にかけます。
 コショウを加え、塩味が足りなければ塩を足します。
 
 この時、ジューサーを使わず、フードプロせサーを使う事も可能。
 スープをいれず、具だけガーってして、また鍋に戻す。
 ちょっと舌触りがなめらかではないが、簡単。

 キャベツスープ
 キャベツスープは1玉で4人分ですが、相当のボリュームです。
 基本は キャベツを四等分する。玉ねぎをみじん切りにする、ベーコンを一センチ角くらいに切る。
 キャベツが浸る程度のコンソメスープで煮る。最後に塩コショウで味を調える。
 キャベツがくったりした方が甘くておいしい。

 さらにキャベツのサラダ
 キャベツ半玉をざく切りにして少量の塩を入れたお湯でさっとゆがく。
 茹であがったキャベツに醤油小さじ1ほどふりかけ、ざるで水きり(醤油洗いと言います)。
 冷めたら手で絞って余分な水分をとりましょう。
 水気を絞ったキャベツをボールに戻し(この時点で鰹節かけて食べても美味)
 胡麻(なくても良いけど)と、油を切ったツナ缶を入れ、軽く一混ぜ。
 塩で磨いたキュウリ一本をひねるようにして割って、一口大に裂いて入れます。
 食べるラー油を好きなだけ入れて、良く和えます。
 お皿に盛って完成。

 キャベツのミモザサラダは我が家の定番なので、スープがあっさりなのでこちらを強めにしてみました。
 どうもその都度適当に作ってしまうので、同じものが二度とできない(同じようなモノは出来るけど)。
 だから覚書として書いておく事にしました(笑)。

 

拍手

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア



広告

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
Suzaku
性別:
非公開
自己紹介:


最新トラックバック

バーコード

カウンター

忍者アド

Copyright ©  -- ぼんやり日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]