忍者ブログ

ぼんやり日記

ぼんやりまったり適当に今夜の献立から簡単レシピ、気になった事、好きな事を好きなように。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

低反発で肩コリ倍増?!

 肩コリと目眩が酷いので、観念して整形外科に行ってきました。

 ① 首の骨の湾曲が通常と逆。これは生まれつき

 ② 肩の位置が下がり過ぎ。肩の下にあるはずの骨が二個も見えてる。

 ③ 低反発枕は肩コリになる人もいる。

 と言うご指摘。

 改善策は? 

 筋力で肩の位置を上げる事。壁に向かって腕立て伏せとか。

 ①のような状態な人は結構いるそうな。でもって、神経が引っ張れて痛いとか、目眩とかがあるかも。

 と言う事で、脳神経外科に回されずに、筋トレと痛み止め、緊張をほぐすお薬で様子を見ることに。

 もちろん、目眩が続くようなら脳神経外科か耳鼻科の受診を勧められました。

 衝撃の一言「通常の肩コリで目眩は出ません」。

 うん、通常の肩コリだったら病院きません(T_T)。

 
 夜眠れない程首が痛い。
 
 起きてる時も、首が痛い。肩が痛い。

 目眩がして目が覚める。

 さらに枕が邪魔で目が覚める。

 このままじゃ睡眠不足でどうにかなっちゃうよ(>_<)と思ったので、一か月我慢したけど限界感じて病院へ。

 薬で痛みはだいぶ和らいでおります。

 しょうがないから朝晩二回、壁腕立て伏せと、タオル体操(タオル持って腕の上下運動)を20回×3セット。ついでに腰まわしを左右50回程度をする事に致しました。

 目眩はあんまり緩和されないと言うか、変な浮遊感はそのままだから、きっと地震酔いだ、と思ってもう少し様子を見てみようと思います。

 そして、普段の姿勢の悪さ、これは筋力がないからどうしても猫背になって肩が前に丸まってしまうのだな、と実感。
 
 思えば、低反発枕に変えてから、肩コリで牽引に通う事が増えていると言う事実にやっとこ気がついた。
 年のせいかしら? なんて思っていたけど、低反発の枕は寝返りをするたびに首から上が置き去りになってしまって、眠りを妨げるか、動かずに寝てしまう(私はうっかり朝まで同じ姿勢の事が多く、寝返りするときは確かにおきて体の向きを変えていたと思う)事で、肩や首の緊張が続いてしまい、結果蓄積疲労になるらしい。

 確かに頭を乗せて仰向けになる時は気持ちいいんだけど。
 そもそも、うつぶせ寝をしていたのを改善しようと一万円ちょいもする低反発枕を購入。
 
 うつぶせ寝は改善したけれど、使用一週間で、生まれて初めての牽引を受けた気がします。
 その時も確かに枕はバスタオルをおって使った方が良い、と言われたけれど、まさかそんな事だとは!

 枕は高すぎるのも低すぎるのもダメなんだよねーって。先生はおっしゃるけれど、低反発の柔らかな沈み具合に慣れた軟弱な頭が、タオルを重ねて作った即席の枕だと「ああ、後頭部が痛い」と思えた。

 煎餅座布団2枚くらいの高さと硬さが良いよ、って、物凄いアバウトな枕のお勧め基準をどうやって家で再現したら良いのでしょう。
 しばらくは筋トレと枕の思考錯誤を続けたいと思います。

 

拍手

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア



広告

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
Suzaku
性別:
非公開
自己紹介:


最新トラックバック

バーコード

カウンター

忍者アド

Copyright ©  -- ぼんやり日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]